2017年3月15日水曜日

東山旧岸邸と時之栖イルミネーション

かつて、今川義元の居城であった駿府城は、家康が所有し、江戸との中間地に御殿を設けた由来から、この地を御殿場と称したといいます。自然豊かなこの地は、著名人の別荘がずらり建ち並んでおり、中でも岸信介元総理の住居跡を御殿場市が手厚く管理し、一般公開をしています。その庭園に地元の有志から移植された樹齢400年の椿はたいへん見事です。
さて、3月15日(水)は朝からスッキリしない天候でしたが、車中から、雪化粧の富士山をハッキリと眼中に収めるや、ヤクルト富士裾野工場で腸内フローラの健康の秘訣を研修、さらに御殿場高原での6種の地ビールを片手に、飲み食べ放題に談笑のひと時を楽しんだ後、感動のイルミネーションを堪能して、一日を終えました。