2017年3月27日月曜日

平成28年度 第4回 理事会

平成28年度第4回理事会が去る3月27日(月)に開催されました。
理事会は、荒井宏二会長の挨拶で始まり定足数の確認後議事に入りました。

<事業計画・収支予算・資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類の承認について>
平成29年度事業計画(案)、収支予算(案)、資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類について詳細な説明が行われ、原案どおり可決承認されました。
<平成29年度 各委員会事業計画(案)>
平成29年度の各委員会事業計画案について各委員会の担当常任理事から説明が行われ、原案どおり可決承認されました。



2017年3月22日水曜日

会計説明会開催

3月22日(水)会計説明会が行われました。各支部長、支部会計担当者が出席し、平成28年度の収支報告書、平成29年度の予算書の記入、作成方法について説明が行われました。

2017年3月15日水曜日

東山旧岸邸と時之栖イルミネーション

かつて、今川義元の居城であった駿府城は、家康が所有し、江戸との中間地に御殿を設けた由来から、この地を御殿場と称したといいます。自然豊かなこの地は、著名人の別荘がずらり建ち並んでおり、中でも岸信介元総理の住居跡を御殿場市が手厚く管理し、一般公開をしています。その庭園に地元の有志から移植された樹齢400年の椿はたいへん見事です。
さて、3月15日(水)は朝からスッキリしない天候でしたが、車中から、雪化粧の富士山をハッキリと眼中に収めるや、ヤクルト富士裾野工場で腸内フローラの健康の秘訣を研修、さらに御殿場高原での6種の地ビールを片手に、飲み食べ放題に談笑のひと時を楽しんだ後、感動のイルミネーションを堪能して、一日を終えました。

2017年3月13日月曜日

ブロック別支部役員合同会議が開催されました

板橋法人会の各ブロック(7ブロック)の支部役員合同会議が、3月1日(水)から3月13日(月)にかけて板橋法人会館3階会議室で行われました。
会議では、各支部の総会の日程と、各委員会で審議された平成29年度事業計画(案)についての報告、各支部の現況報告が行われました。
なお、会議の前に税務署上席審理官による税務講習会が行われ、財務省発行の「平成29年度税制改正(案)のポイント」をテキストにして、平成29年度の税制改正を中心にお話をしていただきました。

第1ブロック(3月1日)
第2ブロック(3月3日)

第3ブロック(3月6日)
第4ブロック(3月8日)

第5ブロック(3月13日)
第6ブロック(3月10日)

第7ブロック(3月9日)

2017年3月7日火曜日

JPXを見学

3月7日(火)に支部研修会・懇親会を開催しました。バス車中にて、落語家による相続をテーマにしたDVDを視聴し、税知識の向上をしました。
最初に日本最大の金融商品取扱所である「JPX(東証)」の見学を行い、東証についての基本的な内容が分かる映像案内を見てから、「ティッカー」と呼ばれる円形の電光掲示板があるところへ移動すると、大安吉日ということもあり上場セレモニーが行われておりました。企業の繁栄・五穀豊穣を祈念する意味を込めて、鐘を5回鳴らすそうです。タブレットを使った投資体験のコーナー、古い株券などの展示コーナーも有り、東証の歴史を勉強しました。
次に、有明水再生センターを見学し規模の大きさ、水再生の大変さを知りました。途中に車窓より、今話題の豊洲市場を見て、TVなどで見るよりも大規模さを実感しました。 最後に夕食をとりながら参加者との親睦を図りました。




2017年3月5日日曜日

中台地区「さくら草まつり」に参加

早春の3月5日(日)若木小学校校庭で開催された「さくら草まつり」には、約3,500名のご来場をいただきました。会場は満開のさくら草や、多くの模擬店が出展され、来場者の声があふれていました。開会式後に行われた沢山の余興の中で、第23支部も法人会のPRに努め、更に地域住民との親睦と交流を深めていくため、来場者の休憩所を設け、コーヒーやワカメスープ等の無料配布をおこないました。大変好評をいただき終始天手古舞でした。
また、いかに法人会をPRするのか、難しさを痛感し、来年の課題となりました。









2017年3月4日土曜日

赤塚梅まつりに参加

地域社会貢献活動の一環として、赤塚梅まつりでの琵琶演奏の提供と、まつり参加者への法人会PR活動を行いました。
琵琶演奏は、鶴田流薩摩琵琶奏者 榎本百香さんにお願いし、梅の花と薩摩琵琶の古典の音色は訪れた多くの方々を魅了していました。