2016年11月29日火曜日

朗読劇「 未来へ 」(後編・戦後編)


平成 28 年 11 月 29 日(火)、板橋区立文化会館小ホー ルにて、朗読劇「未来へ」(後編・戦後編)が板橋区、 公益財団法人 板橋区文化・国際交流財団、板橋税務関係六団体の主催、板橋税務署の後援により行われました。
この朗読劇は一昨年 12 月10 日に開催され、大変好評をいただいた「前編」に続くもので、鹿児島県知覧税務署で勤務されたことのある伏見俊行氏の著書 で小説「それからの特攻の母」を原作としたものです。 太平洋戦争中に特攻隊の前線基地となった鹿児島県知覧で食堂を営んでいた鳥濱トメさんが、戦後は特攻隊員の思いを受け、平和を祈り社会のために生涯を捧げます。トメさんの社会貢献活動の中心は税でした。やがて「特攻の母」は「納税おばさん」と呼ばれるようになりました。 トメさんの人生に、会場を埋めた一般区民の方々を含む参加者は深い感銘を受けました。
全体で約45分間の朗読劇でしたが、作者の伏見氏 とアナウンサーの吉田美香子さん、有志の皆さんはもちろん、歌やピアノなどがさらに引き立てていました。 最後にはミニコンサートが行われ、ピアノの独奏や会場全体で「ふるさと」を合唱するなど盛り上が りました。 







2016年11月26日土曜日

お子様も大喜び!充実の一日でした

平成28年11月26日(土)20名を超える皆様にご参加いただきました。出発時の雨も上がり絶好の研修日和、晩秋のやわらかい陽射しの下、まずは「品川水族館」へ。
人気の「ドルフィンパフォーマンス」を堪能しました。飼育員さんに忠実なイルカの賢さ、高いジャンプ力に拍手喝采、愛嬌あるパフォーマンスで大人気でした。羽田のエクセルホテル東急でのランチブッフェを挟み、午後は一路横浜の「日清カップヌードルミュージアム」へ。
創業者・安藤百福氏の”発明者魂”に感銘を受け、数々のアトラクションを含め有意義な時間を過ごしました。
ご参加いただいたお子様にも楽しんでいただき、大満足の一日となりました。


2016年11月25日金曜日

実務セミナー 「マイナンバー制度に伴う実務対応直前対策」

 マイナンバーを通知するカードの交付が始まり早1年が経ちました。未だどんな制度なのか、疑問もあり完全に理解できていない方も多いのが現状です。1125日(金)、講師に社会保険労務士・初級産業カウンセラーの野澤直子氏をお招きし、板橋法人会館3階会議室にてまだ間に合う直前講座として開催いたしました。

 通知カードの確認、社内で備えておくべきこと、マイナンバーを収集する時の留意点、そしてマイナンバーに関する各行政の書類と動きなど最新の情報を重要な項目をまとめ、分かりやすくお話しいただきました。

 

2016年11月24日木曜日

平成28年度 税務功労者感謝状贈呈式

平成28年度の税務功労者感謝状贈呈式が去る平成281124日(木)東京都板橋都税事務所において厳粛に挙行され、丹羽恵玲奈東京都板橋都税事務所長から感謝状が贈呈されました。
板橋法人会からは次の方が受賞されました。心からお祝い申し上げます。
また、当会は団体として受賞いたしました。

税務功労者感謝状受章者
三原 寿太郎 副会長

税務功労者感謝状受章団体

公益社団法人 板橋法人会(団体)

 

2016年11月21日月曜日

税務署長講演 「くらしと税の遊歩道〜私の備忘録」


1121日(月)板橋税務署関係六団体の主催による税務署長講演が開催されました。角田所長は「くらしと税の遊歩道〜私の備忘録」と題して、税務の職場における経験談等について、板橋区のイラストとともに講演を行い、聴講者は熱心に耳を傾けていました。

 

2016年11月18日金曜日

マイナンバーの現状とふるさと納税について

1118日(木)徳丸地域センターにて、税理士の伊藤隆基先生をお迎えして税の知っ得塾を開催いたしました。
テーマは「マイナンバーの現状とふるさと納税についてマイナンバーもいざ始めると色々な問題点があり、質問も多く飛び交ってました。ふるさと納税は、スマホから簡単に出来ることを知り、私もさっそく申し込んでみました。様々なサイトがあり、私がよく利用するサイトでも出来ました。私は宮崎県の“うなぎ”が気に入ったので20,000円分納税したところ、たまたまポイントセールがあり、2,000円分のポイントが付き、2,000円の実質負担額が相殺されました。

また、ワンストップ特例制度を申請すると、マイナンバーの記載と免許証のコピーを申し込んだ自治体に送るだけで確定申告がいらないことが分かり、とても有意義な講義でした。

 


2016年11月15日火曜日

平成28年度 納税表彰式

平成28年度の板橋税務署納税表彰式が去る平成271115日(火)板橋区立文化会館2階小ホールにおいて、税務関係団体の方々のご出席を得て厳粛に挙行され、角田省一板橋税務署長から表彰状及び感謝状が贈呈されました。

板橋法人会からの受彰者は次のとおりです。心からお祝い申し上げます。

署長表彰受彰者(50音順)

植田 康嗣 常任理事
鈴木 博 理事
須藤 康司 常任理事







署長感謝状受者(50音順)

内田 英雄 理事
浦田 秀明 理事
髙木 惠文 理事
西家 貴絵 青年部会新規社会貢献委員長
増渕 理津子 女性部会幹事

2016年11月14日月曜日

異業種交流会 「東京ディズニーランドの挑戦」

 11月14日(月)、板橋区立文化会館4階大会議室にて開催された異業種交流会にて、奥山康夫氏による「東京ディズニーランドの挑戦」と題した講演会が行われました。

 年間3,000万人を超える来場者と訪れたすべての人に、笑顔と感動をもたらし魅了するディズニーテーマパーク。リピート率は驚異の97%を誇り、不動の人気を確立しています。その非日常的な空間「夢の国」を支えるのは、掃除など細部にまでこだわり徹底されたおもてなし術にあります。開業時からパーク運営を担い、ディズニー流おもてなしの礎を築いた奥山氏に、その本質と精神を、体験談を交えながらお話しいただきました。
 はじめに「東京ディズニーランドの誕生」について難航した東京ディズニーランドの誘致交渉段階から今日までを振り返りました。
 そして、ディズニーランドというパークがどのような考えから創造され、どのような理念で事業運営されているのか、カリフォルニアのパークが誕生以来今日まで受け継がれているウォルト・ディズニーの哲学について説明いただきました。
 最後に、来園されるゲストに、受け入れられ信頼され愛されているゲスト・サービスはどのように仕組まれているのか。開園以来変わらずに行われているキャスト教育の基本プログラムの内容をご紹介いただきました。

 

2016年11月12日土曜日

毎年恒例の支部研修を開催しました

11月12日(土)毎年恒例の第8支部研修会を開催しました。移動でのバス車中では、本支部会員の酒井税理士より、税務の仕方等について講演をいただきました。
サイエンス・スクエアつくばにて科学の勉強をしました。また、農産物直売所「みずほの村市場」には、旬の野菜や果物、自然食品、四季折々の鉢花などが多く陳列されていました。野菜の高騰の中で、安く提供できる工夫など学びました。筑波ハムでは製造工程の見学し、石岡観光果樹園では柿の食べ放題を満喫しました。



2016年11月11日金曜日

心と身体が温まる東京湾フェリー研修

1111日(金)と「1」が並ぶ縁起の良さそうな日でしたが、天候は激しい雨降りと大変寒い朝となりました。
天候の悪さから道も混み気味でしたが、その分、車中で研修として「小さな会社がお客を増やす7つの方法」のDVDをしっかりと観ることができました。
横須賀に着き、記念艦の「三笠」見学となりましたが、寒さは厳しく、甲板には冷たい風が吹き付けていました。
続いて久里浜港からフェリーに乗船して金谷港へ、やや遅めの昼食ですが、炭火焼き回線バーベキューは寒い日にピッタリで、心と身体が温まる食事に皆様が堪能された様子です。
最後は富津の海苔工場見学と生海苔のお土産を購入しての充実した研修会となりました。

 

いま必要な知識・昔ながらの文芸・そして美食

1111日(金)当日はあいにくの雨・・・にもかかわらず27名もの参加をいただき、充実した内容の研修となりました。池袋都民防災教育センターでは、少し薄れてきた大地震への意識を、実際に起こったもの<関東大震災><東日本大震災>のシミュレーションにより、再び思い起こすことが出来ました。
昼食はホテルメトロポリタン池袋でイタリアンを堪能しました。
池袋演芸場での寄席の体験もたいへん盛り上がりました。「笑点」を彷彿とさせる内容で存分に楽しむことができました。
今回の研修は、経費を抑えるということにも挑戦したものでしたので、その部分でも次回に繋がるものになったかと思います。

 

 

 

2016年11月10日木曜日

板橋製品技術大賞受賞企業決まる

去る平成28年11月10日(木)第20回いたばし産業見本市が企業の受発注の活性化を目的とし、開催されました。
その中で第14回を迎える板橋製品技術大賞の表彰式が行なわれました。板橋区内の中小企業の優れた新製品・新技術を表彰し、その開発力・技術力を広くアピールして、板橋区の産業振興を図ることを目的に実施されています。
板橋法人会賞には、(株)赤ん坊カンパニーのベビーカーフックシリーズ  「カラビナロックフック」が選ばれました。

今年は8社の板橋法人会会員企業が受賞されました。

 

最優秀賞(1社入賞)
【導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ】
(株)八興 (第1支部 会員)

審査委員長賞(1社入賞)
Stella COSMOS ステラコスモス】
 (株)ヒカリ(第12支部 会員)

板橋産業連合会賞(1社入賞)
【免振キャスター】
(株)松田技術研究所 (第5支部 会員)

東京商工会議所板橋支部賞(1社入賞)
【皮下脂肪厚計 「La Muse SR-803」 「STYLE LEADER SR-901」】
(株)タニタ (第17支部 副支部長)

板橋法人会賞(1社入賞)
【ベビーカーフックシリーズ 「カラビナロックフック」】
(株)赤ん坊カンパニー(第8支部 会員)

持続可能社会貢献賞(1社入賞)
【バナナペーパーの製造技術】
 寿堂紙製品工業(株)(第11支部 会員)

審査委員賞(2社入賞)
Hal+(ハルト)
(株)ウキマ(第20支部 会計監査)

【歪検査器「フルオートストレインアイ」】

(株)ルケオ(第9支部 顧問)

2016年11月8日火曜日

中小企業の経営戦略セミナー 「社員のメンタル不全を防ぐためには」

 最近のニュースで取り上げられる仕事上のストレスが原因といわれる従業員のうつ病などのメンタルヘルス問題は企業の経営者として取り組まなければならない重要な課題の1つです。
 平成28118日(木)、今回のセミナーでは現代社会の問題になりつつあるメンタルヘルスに重点をあて、板橋区並びに公益財団法人板橋区産業振興公社と協働で板橋法人会館3階会議室にて開催いたしました。
 講師には社会保険労務士・精神保健福祉士の赤澤将氏をお招きし、企業のリスクとメンタルヘルス対策の必要性、ストレスについての理解や対処方法、社員へのほめ方や叱り方など職場環境の改善に必要な事例をお話いただき、ストレス対策はいかに重要かを学べたセミナーでした。

 


2016年11月7日月曜日

第四回 税をテーマとした川柳コンクール

今年で4回目となる税をテーマとした川柳コンクール。税金に関する理解や関心を深めて頂くことを目的として、1111日から17日までの税を考える週間に協賛する事業として実施しました。
平成2861日(水)から930日(金)まで募集をし、全国47都道府県から15,189句と多数のご応募をいただきました。また、板橋区立小・中学校では夏休みの課題として実施をさせていただきました。117日(月)には選句委員による厳正な選句会が開催され一般部門、ジュニア部門、各部門優秀作品が決定いたしました。税金を取り巻く最近の社会情勢を的確にとらえた作品が多くみられ、選句委員もうなずく場面が多くみられました。入選作品は板橋法人会ホームページ、または「第四回 税をテーマとした川柳コンクール百選番付表」をご覧ください。
「税をテーマとした川柳コンクール」を通して、多くの方に税への関心、その意義と役割について理解を深めるとともに、税金を取り巻く社会への関心を持っていただけたら幸いです。

 

2016年11月2日水曜日

秋の栃木路でりんご狩りを体験

112日(水)あいにくの肌寒い曇り空の中、一路矢板のりんご狩りを目指し出発しました。りんご園に到着するころには、陽射しも多少あり、絶好のりんご狩り日和となりました。取り立てのりんごは無農薬栽培も関係してか、甘い中にも酸味があり繊細な味がしました。同じりんごでも、日頃食するものとは全くの別物でした。
今般TPP等が問題視されておりますが、このりんご生産者の方々の生活が脅かされないことを切に願いました。

その後、鬼怒川観光ホテルにて昼食をとり、皆様と親睦を図り、ろばた漬店にてお土産を買い、帰路につきました。